skip to Main Content
The future of medical care for the disabled.
難病・障がい者医療の未来を切り拓く。

 今日、あらゆる場面において社会は著しく変化し、個人にとっての生き方や働き方、暮らし方にも大きな影響を与えるようになりました。昨日までの常識が今日の非常識であるかの如く、多種多様な価値観が生まれ、それらは「ダイバーシティ〈多様性〉」と呼ばれています。それと同等によく用いられる「インクルージョン〈包括性 /一体性〉」という言葉も、誰もが平等に社会に参画し、自己の能力を活かしていくことを意味します。

 わたしたちは、医療依存度の高い入居者のみなさんと日々多くの時間を過ごし、共に歩んでいます。障がいを持つ人と健常である人とを分け隔てて考えることや自分とは違うと決めつける社会は、偏見や差別を生み出します。「これらは、類型化された固定観念〈ステレオ タイプ〉によるものではないか」という問いをわたしたちは持ち続けています。大局的に見れば、同じ世界、同じ空間で生きているはずのわたしたち自身が、無意識のうちに他者を選別し、分類化することで、その可能性や共感を遠ざけてしまっているのだと考えます。

 医療の現場に従事するわたしたちは、障がい者と健常者の見えない垣根を取り払い、誰もが共存でき、認め合えるような新しい医療社会、地域社会をつくっていきたいと強く願っています。障がいを持つことが、走るのが下手だとか、手先が器用だとか、それらと同じレベル、同じ感覚で語られる「個性」として認められる社会。それこそが、これから先に続く未来の包括的社会の在り方なのではないかと思うのです。

 2 0 2 1 年春にオープンした「ヘルスケア アパートメント 祇園庵(ぎおんあん)」は、この「垣根を取り払う」試みを具現化するための新しい社会的空間になることを目指しています。障がい者医療の機能を備えた場であることを最優先にしながらも、誰でも来館し、自由に時間を過ごし、ときには入居者のみなさんと触れ合う機会が持てる場所。食べることを楽しんだり、やりたいことに熱中したり、それぞれが描く人生の豊かさを語らうことができるコミュニティ。このような空間を創造することは、わたしたち医療従事者が、はたらく喜びそのものを生み出すことでもあります。

 多くの人が持つ無意識のバイアスを取り払い、社会変化を受け入れ、誰もがより良く、より生きやすく、他者を尊重できる社会の実現を、わたしたちは願ってやみません。

The future of medical care for the disabled.
難病・障がい者医療の未来を切り拓く。

 今日、あらゆる場面において社会は著しく変化し、個人にとっての生き方や働き方、暮らし方にも大きな影響を与えるようになりました。昨日までの常識が今日の非常識であるかの如く、多種多様な価値観が生まれ、それらは「ダイバーシティ〈多様性〉」と呼ばれています。それと同等によく用いられる「インクルージョン〈包括性 /一体性〉」という言葉も、誰もが平等に社会に参画し、自己の能力を活かしていくことを意味します。

 わたしたちは、医療依存度の高い入居者のみなさんと日々多くの時間を過ごし、共に歩んでいます。障がいを持つ人と健常である人とを分け隔てて考えることや自分とは違うと決めつける社会は、偏見や差別を生み出します。「これらは、類型化された固定観念〈ステレオ タイプ〉によるものではないか」という問いをわたしたちは持ち続けています。大局的に見れば、同じ世界、同じ空間で生きているはずのわたしたち自身が、無意識のうちに他者を選別し、分類化することで、その可能性や共感を遠ざけてしまっているのだと考えます。

 医療の現場に従事するわたしたちは、障がい者と健常者の見えない垣根を取り払い、誰もが共存でき、認め合えるような新しい医療社会、地域社会をつくっていきたいと強く願っています。障がいを持つことが、走るのが下手だとか、手先が器用だとか、それらと同じレベル、同じ感覚で語られる「個性」として認められる社会。それこそが、これから先に続く未来の包括的社会の在り方なのではないかと思うのです。

2 0 2 1 年春にオープンした「ヘルスケア アパートメント 祇園庵(ぎおんあん)」は、この「垣根を取り払う」試みを具現化するための新しい社会的空間になることを目指しています。障がい者医療の機能を備えた場であることを最優先にしながらも、誰でも来館し、自由に時間を過ごし、ときには入居者のみなさんと触れ合う機会が持てる場所。食べることを楽しんだり、やりたいことに熱中したり、それぞれが描く人生の豊かさを語らうことができるコミュニティ。このような空間を創造することは、わたしたち医療従事者が、はたらく喜びそのものを生み出すことでもあります。

 多くの人が持つ無意識のバイアスを取り払い、社会変化を受け入れ、誰もがより良く、より生きやすく、他者を尊重できる社会の実現を、わたしたちは願ってやみません。

「今は幸せだと思う。」

いちいち悲嘆に暮れていても仕方がない。
ジタバタしても仕方がない、受け入れるということ。

スタッフの理解があるのと、
見守ってくれているという安心感のある生活。
でも今できることはできるだけ自分でやりたい、
危なっかしいかもしれないけどやりたい。
そのうちできなくなる時もくるかも知れないから。

何より働かせてもらっていることは本当に感謝している。
障がい者の雇用は本当に難しい、肌で実感した。
病気になって失ったものも多いけれど、得たものも多い。
何より人の優しさにふれる機会が多い。
それは今まで経験してこなかった事かもしれない。

今は幸せだと思う。
あまり幸せ過ぎると、もっと生きていたいと思ってしまうから
深く先のことは考えないようにしている。
とにかく今は食べることが楽しみ。
美味しいものを食べると生きてて良かったなぁって思う。


株式会社ライブアシスト

経営企画室
宮﨑 和之|Kazuyuki Miyazaki

「今は幸せだと思う。」

いちいち悲嘆に暮れていても仕方がない。
ジタバタしても仕方がない、受け入れるということ。

スタッフの理解があるのと、見守ってくれているという安心感のある生活。
でも今できることはできるだけ自分でやりたい、危なっかしいかもしれないけどやりたい。
そのうちできなくなる時もくるかも知れないから。

何より働かせてもらっていることは本当に感謝している。
障がい者の雇用は本当に難しい、肌で実感した。
病気になって失ったものも多いけれど、得たものも多い。
何より人の優しさにふれる機会が多い。
それは今まで経験してこなかった事かもしれない。

今は幸せだと思う。
あまり幸せ過ぎると、もっと生きていたいと思ってしまうから深く先のことは考えないようにしている。
とにかく今は食べることが楽しみ。
美味しいものを食べると生きてて良かったなぁって思う。

株式会社ライブアシスト
経営企画室
宮﨑 和之|Kazuyuki Miyazaki

「誰もがその人らしく生きられたら
幸せなんだと思う。」

ライブアシストに入社して間もなく

同僚の歩き方がおかしいことに気づき

彼は難病-多系統萎縮症の診断を受けた

同じ頃、難病-ALSの女性と出会った

そして、夫が難病-特発性拡張型心筋症の診断を受けた

私の経験が少しでも誰かの力になれたらいい

ハンデのある人は、少しでも心地よく

そこそこ元気な人は、ちょっと元気に

元気な人は、もっと元気に

誰もがその人らしく生きられたら幸せなんだと思う

株式会社ライブアシスト
常務取締役
北村 泉 |Izumi Kitamura
[資格] 認定看護師/ケアマネジャー

誰もがその人らしく
生きられたら
幸せなんだと思う。

ライブアシストに入社して間もなく
同僚の歩き方がおかしいことに気づき
彼は難病-多系統萎縮症の診断を受けた

同じ頃、難病-ALSの女性と出会った
そして、夫が難病-特発性拡張型心筋症の
診断を受けた

私の経験が少しでも誰かの力になれたらいい

ハンデのある人は、少しでも心地よく
そこそこ元気な人は、ちょっと元気に
元気な人は、もっと元気に

誰もがその人らしく生きられたら
幸せなんだと思う

株式会社ライブアシスト
常務取締役
北村 泉 |Izumi Kitamura
[資格] 認定看護師/ケアマネジャー

何かに導かれるように

まだ明確ではなく 進むうちに明確になってきた

体というものを知り、より良い状態を保つということは

人生の質に大きく関わる

障害・疾病の状況に囚われることなく

もっと自由に、もっと明るく

建設的に、創造的に

そうすれば、きっとどんな状況からも成長し幸せになれる

その人の生命を輝かすために 常識に囚われることなく、

妥協することなく 代替医療ではない医療を超えたケア

本質を捉え、喜びとは何か、幸せとは何か

それらを追求し、多くの方々に貢献できる会社へ

成長していきたい

株式会社ライブアシスト
代表取締役
木下 須賀子 |Sugako Kinoshita

何かに導かれるように

まだ明確ではなく
進むうちに明確になってきた

体というものを知り、
より良い状態を保つということは
人生の質に大きく関わる

障害・疾病の状況に囚われることなく
もっと自由に、もっと明るく
建設的に、創造的に

そうすれば、きっとどんな状況からも
成長し幸せになれる

その人の生命を輝かすために
常識に囚われることなく、
妥協することなく
代替医療ではない医療を超えたケア

本質を捉え、喜びとは何か、
幸せとは何か

それらを追求し、
多くの方々に貢献できる会社へ
成長していきたい

株式会社ライブアシスト
代表取締役
木下 須賀子 |Sugako Kinoshita

×Close search
Search